top of page
検索
  • 執筆者の写真野村 康造

PLMの概要のコンテンツを追加しました。


PLMの概要のコンテンツ(製造業を知る)を追加しました。


モノが豊かな今からの時代の製造販売会社は、厳密な製品計画を立案しないと世界に通用する余程の技術力やノウハウが無い限り生き残れなく可能性が高い。 このため綿密な研究開発と製品企画が重要になる。

例えば、自動車メーカーは販売会社と製造会社に表面上は分かれているが、製造販売会社である。

自動車メーカーは、世界的な競争が激しく、品質管理、アフターサービスが充実していないと売れなくなる。

このため、製品以外のコストも予め製品企画に含まれている。


現在の日本では、約60%の製造販売会社でPLMシステムが導入されているらしい。

そして近年は、更に導入検討企業は増加の一途である。


PLMは、製造販売会社の多くの部門が関係してくる。

このため、バラバラで検討されてきた企業では、統合して考える場所としてPLMシステムが重要になってきている。


PLMシステムはたくさん存在しているが、中にはBOM管理(PDM)やCADの管理システムもPLMと呼称しているシステムも存在する。

PLMに詳しくないIT業者は、BOM管理の話をよくする業者が多いので注意したい。


ERPは、結果データの会計管理システムと位置付けると、

PLMは、製造販売会社の製品、利益に関係する命のシステムであるとも言える。




閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page