top of page
検索
  • 執筆者の写真野村 康造

自動化ロボット②(動画)のコンテンツを追加しました。

神業の動きをする加工ロボット 今、皆様の手元に有る数多くの金属製品がどのように加工されているかを見てみましょう。 今回は、彫刻ロボットです。 よくあるディスプレイ製品を作りますが、このロボットの動きは神業的な動きをします。 今回の動作原理は、CAD→CAM→彫刻機で加工されます。 CADで設計したデザインをCAMに出力して彫刻機と連動してます。 最近の2次元CADも細かな長さ調節も、昔に比べ簡単に出来るようになってます。 例えば、長さ350mmを長さ365mmに変更したい時は、CADの数値を書き換えるだけ出来るようになってます。 皆さんのお手元に有る携帯電話の液晶の取り付け位置は、ケースや中の部品配置により液晶の大きさは同じでも微妙に取付位置を変えたりすることも有ります。 ​このように設計から加工まで一貫した流れをイメージした動画です。


ロボットには、いろいろなタイプが有ります。 詳しくは「産業用ロボットの仕組み」を参照してください。 今や、ロボットによる完全自動化は実用領域に入っており、以前に比べてとても安価になってますので、導入を検討している企業は数多くあります。 MES(生産工程実行システム)とロボット等を連動させ、ERP等の経営管理システムとも連動させると会社全体の見える化も実現します。 ​更にAI技術が発展するとスマートファクトリー(智能工場)が実現出来る時代になりました。


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page